Surface Proで新生FF14ベンチマーク キャラクター編

新生ファイナルファンタジーXIVのキャラクリベンチが公開されたのでSurface Proでテスト。
(ワールド編はコチラを参照。)
bmchar01

 

ディスプレイドライバはワールド編と同様にインテルの現時点での最新ドライバ(バージョン:9.18.10.3165)を使用。
SurfaceProはSLIでも無いのでワールド編とあまりスコアは変わらず。
だいたい2600~2800くらい。本体温度等により多少の変動あり。

ちなみにICONIA W3-810でもベンチを試みたが、ワールド編同様に「Now Loading」から進まず…

以下SurfaceProでのFF14ベンチレポート出力—————————————————-

FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク キャラクター編
計測日時:2013/08/02 9:05:21
SCORE:2763
平均フレームレート:23.249
評価:やや快適
-標準的な動作が見込めます。余裕があればグラフィック設定の調整をお勧めいたします。

画面サイズ: 1280×720
スクリーンモード設定: ウィンドウモード
グラフィック設定のプリセット: 標準品質(ノートPC)
描画設定
-HDRレンダリングを有効にする(グラデーション描画をなめらかにする) : 無効
-オクルージョンカリングを有効にする(見えないものの描画を簡略化する) : 有効
-LODを有効にする(遠影表示に簡易モデルを使用し描画負荷を軽減する) : 有効
-LODストリーミングを有効にする : 無効
-リアルタイムリフレクション : 適用しない
-アンチエイリアス : 適用しない
-ライティングの品質 : 標準品質
-細かい草の表示量 : 簡易表示
影の表示設定
-自分 : 表示する
-他人 : 表示しない
影の表現
-キャラクターの影のLODを有効にする : 有効
-影の解像度 : 通常解像度:1024ピクセル
-影の表示距離 : 通常表示
-ソフトシャドウ : 弱く
テクスチャ品質
-テクスチャフィルタ : トリリニア
-テクスチャ異方性フィルタ : x4
揺れの表現
-自分 : 適用する
-他人 : 適用しない
画面効果
-周辺減光を有効にする(画面の隅を自然に暗くする効果) : 無効
-放射ブラーを有効にする(爆発などで周囲に向かって画面をぼかす効果) : 有効
-SSAO(立体感を強調する効果) : 適用しない
-グレア(光があふれる表現) : 通常表現
カットシーン効果
-被写界深度表現を有効にする : 有効

システム環境:
Windows 8 Pro 64 ビット (6.2, ビルド 9200) (9200.win8_gdr.130531-1504)
Intel(R) Core(TM) i5-3317U CPU @ 1.70GHz
3979.746MB
Intel(R) HD Graphics 4000(VRAM 1765 MB) 9.17.0010.3062

このベンチマークはFINAL FANTASY XIV: A Realm Rebornの動作を保証する物ではありません。

FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn 公式サイト http://jp.finalfantasyxiv.com
(C) 2010-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 

 

---

※不明点や間違っているところがございましたらご気軽にtwitter等でご報告ください。